サクランボ狩り今諏訪組合




FAQ




Q 今諏訪組合とは?  組合の各農園の違いは?
A ・南アルプス市上今諏訪(いますわ)地区は山梨県の御勅使川扇状地にあり、土は大小さまざまな大きさの礫からなっており、水を通し易く桜桃(さくらんぼ)栽培に適し、昔からさくらんぼ栽培をしていました。この今諏訪地区の篤農家が集まりEM菌有機肥料を独自に作り、それを用いてまた減農薬を行い美味しく安全なさくらんぼを作っていこうと今諏訪組合ができました。組合農家でさくらんぼ狩り観光を宣伝していこうとホームページを作成しました。
・各農園は減農薬、EM菌有機肥料を使用しています。栽培も農協技術指導員や先輩農家の意見を聞きながら行っております。基本的な取り組みの方向は一緒です。あとは各農園のこだわりがそれぞれあります。

Q 雨の日でもさくらんぼ狩りはできますか?子供やお年寄りでも大丈夫ですか?
A 各農園は専用の雨よけハウスになっていますので雨が降っていてもさくらんぼ狩りはできます。また平坦地ですので、どなたでもさくらんぼ狩りができます。

Q さくらんぼ狩りができる期間は?さらんぼの品種は?
A 大まかには毎年5月最後の土日から6月20頃です。天候や各農園によって若干異なります。各農園は主力品種の佐藤錦、高砂(早生種)があります。その他に新品種もあります。

Q 農園内にはトイレがありますか? また駐車場はありますか?
A 各農園には必ずお手洗い場・簡易トイレがあります。また各農園によって違いはありますが、駐車場も乗用車数台、大型バスの駐車場もあります。詳細は各農園にお問い合わせください。

inserted by FC2 system